神戸12年の実績 結婚を通じて幸せな家庭を築くサポート 神戸の結婚相談所

お問合せはお気軽にどうぞ 078-327-5537
資料請求はこちら
無料相談はこちら

M.M.C所長 自念のコラム

< 2016年09月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
MMC
MMC
神戸の三ノ宮で結構相談をして15年目。

仕事を探す時や転職の時にハローワークへ行くように
結婚や婚活を考えたときに、結婚相談所も一つの活動手段です。

例えば年の差婚、なかなか普段の生活ではみつからないかも。
あるいは、スペック高い人と出会いたいなんて、思っていてもみつからない。
共働きしてくれる人・・・名札のようにぶら下げて探せない。

人によって幸せの在り方は違います。
お任せください。それを助けるものが、ここにあります!

人材派遣会社のキャリアコンサルタント歴は、12年
兵庫労働局での相談業務は、5年
結婚相談は、交際になる率が毎月ほぼ30%越え
成婚率  70%超(結婚して退会していく会員/総退会人数)



女性が交際から結婚へと流れをつくるポイント

マリッジマネジメントセンターで成婚を決めていく男性会員の言葉に

「彼女といて安心できるから」
「一緒にいて安らぐ」

ほぼ100%の男性が言われます。

男性は、特に「優しくされたい、ほめられたい生き物」なのかもしれません。

私) 「安心」「「安らぐ」ってどういう時に感じるのかな・・・
男性会員)「何も言わなくても気を遣わないし、何を言っても受け入れてもらえるって感じです。」


私)ふぅ~ん・・・(*^-^*)  そう、家にいるみたいな感じかな・・・?
男性会員)「そうですね。結婚してもこんな雰囲気が続くなら、一緒にいたいなって思いますよ。」



婚活をサポートしていて感じるのは、
男性の方が、女性よりちょっとだけガラスのハートなのかもってところです。



先日、会員、結婚が決まったことを報告にきてくれた会員が、
「彼が、とにかく前向きでどんどん話進めるんです。というのも、彼の中で、一つだけ自分の親のことが気になっていたようで、
それを私が受け入れてくれるかどうか・・・ここだけが気になって、足踏みしてたみたいなんです。
でも、それを私がOKって返事したら、もうスピードアップの速さは尋常じゃないでしょ(#^^#)って感じです。」

そうそう、男性って、
「この人って決めてたら、じっとしていられない生き物なのでしょう」

もし、今、お相手との交際に今一つ、進捗がみられないようなら、
お相手の気持ちを堰き止めているものを、取り除いてあげてはどうかな。
それができるのは、ただ一人、交際中のあなたです。

世の中には、男性と女性しかいませんから。

資料請求
無料相談会






マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です。mcsa_160w2.jpg



2016年09月25日自念のコラムコメント(0)

Lineを突然クローズ・・・・ちょっときついかな・・・

先日、交際中の会員に現状確認って思い、連絡をいれました。

「その後、どう?順調に出会えてる?」
そうすると、聞きたくない言葉が返ってきました。それは、「じつは・・・・」・・・です。


話を聞いてみると、
お見合のあと、順調に連絡も取れ合い、
デートにも出かけたようです。

車を出し、ドライブがてらテーマパークに遊びにも行ったようでした。
でも、その後、連絡をいれようとおもったら、突然がLINEでのつながりがクローズされてしまったとのこと。


「さすがに凹みました。じねんさんに連絡しなきゃ・・・と思いつつ、なんだか疲れちゃって・・・」とのことでした。

その時の彼の気持ちを考えるとさすがに、こちらまで凹みます。
人間不信?いや・・女性不信にならないかな?って悩みます。

結婚相談所を通じての出会いですから、自然消滅ってことはありません。
なので、もう難しいなって思えば、
直接お相手に言わずに、事務所と通じてのお断りを正直にしてもらったら、無用な傷つけ合いはなくなります。



婚活って人と人をつなげていく場。
なかなかうまくいかない事だって多々あります。
ちょっと違うって感じることだってあります。
それは、仕方ないこと。

でも、そうであれば、きちんと言葉で自分の事務所に伝えるってことが大切。

こんな風に、知らず知らずに人を傷つけてしまうことってあります。

正直、これはちょっときつくないかなって感じです。

デジタルで便利な世の中だからこそ、「つい」起きてしまうのかもしれないけど、
「おもいやり」「配慮」「気配り」が一層、大事。

そんなことを考える交際終了のお話でした。


資料請求
無料相談会




うまくいくカップルといかないカップルのちがい

2016年09月24日自念のコラムコメント(0)

婚活で恋人を作るコツがあるのかないのかを決めるポイント

婚活サービスで恋人を作るコツがあるのか、・・・・ないのか。

実は「あります」
ブライダル総研のリサーチによると

実際に婚活をして結婚をした人の中で、
婚活サービスを利用経験のある20代~40代の独身者を対象に調査したところ、
婚活サービスを通じて恋人ができた割合は29.3%で、 約3人に1人は結婚に向けた第一段階をクリアしていました。

では、婚活サービスで恋人ができた人とできない人の違いはどこにあるのでしょうか。


「一度始めたことは最後までやり通す方だ」と答えた人は、
 恋人ができた:51.3%/恋人ができなかった:42.2%(9.1ポイント差)

「決めたことは即実行する」と答えた人は、
 恋人ができた:45.4%/恋人ができなかった:36.9%(8.5ポイント差)

「計画やスケジュールは綿密に立てる方である」
 恋人ができた:48.0%/恋人ができなかった:39.9%(8.0ポイント差)



ポイントは、
「あきらめない姿勢」「行動力」「計画性」がキーワードのようです。


どうでしょうか・・・・
このキーワードにご自身のアンテナが触れますか?

もし、どこか不安なところがあるようなら、ぜひ、結婚相談所の仲人やカウンセラーの力を少し借りるのも「あり」かもしれません。
一人で頑張るには、限界があるけど、応援してくれる誰かがそばにいてくれたら、きっとそれは、ちからとなるはずです。


全ては、ご自身の幸せね家庭を築くためです。
テイク ア チャンス


資料請求
無料相談会



婚活のお見合、交際でいろいろ合って。でも今、幸せ。


マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です。mcsa_160w2.jpg



2016年09月23日自念のコラムコメント(0)

お見合での出会いは結婚へと結びつく訳

お見合では、昔から「結婚を決めるまでの交際期間は3か月程度」というのが慣習でした。

3か月で結婚なんて決められる?と疑問を持つ方も多くおられます。

例えば、恋愛で3年間交際をして結婚まで到達しなかった場合、
その3年間がどちらかにとって虚しい時間となったなら、悲しいことです。

結婚したいと思って婚活で出会った二人であれば、、
その時間リスクを考えるとズルズルと付き合って「結果を先延ばし」に」することはなく、
お互い「3か月」と期間を決めて向き合って、それでだめなら、交際を終了して次の方との出会いを待つ。

この方法が、それぞれの人生を考えた時に、前向きな気がします。
これは、「お見合」でも「パーティー」でも「合コン」でも「友人の紹介」でも、すべて同じです。
婚活という結婚相手を見つけるとはそういうことだと思います。


例えば、就活・・・
いつまでも企業との面談が何度も続き、いつ決まるのがわかない・・・など困ります。

最近、恋愛と結婚は違うと言われますが、まさしくそうだと思います。

恋愛の場合、期間など区切りませんし、双方どちらかが嫌になるまで「ずるずる」なんてこともありますし、
あえて自然消滅まで「待つ」なんて選択をする人もいるかもしれません



「婚活」の魅力的なところは、
「結婚」を意識した恋愛ができるところです。

これからのライフスタイルに「子どもを持つ」「持たない」の選択肢や
女性なら、仕事を続けるか辞めるか
家事の分担はどう考えているのか

そこまで踏み込んで、婚活で出会ったお相手とは結婚に関わるお話ができます。
だからこそ、「婚活は短期間でお相手を見つけることができる」のです。

私は、この向き合う期間をしっかりとサポートすることをとても大事にします。。
この時期は、会員の方よ同じ温度で「はらはらどきどき」です。

だからこそ、良いご縁談となった時のうれしさは、言葉にできないくらい嬉しくて「結婚っていいな」って思う瞬間です。


資料請求
無料相談会



本当にこの人でいいのかしら・・・これが真剣交際のスタートです


マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です。mcsa_160w2.jpg

2016年09月21日自念のコラムコメント(0)

交際スタートで婚活先輩たちが押さえていた5つのポイント

男性と出会って交際に入ったら、これは、ご縁のスタートです。
単純にご縁ある人ってまず、感じてほしいと思います。

ただ、ご縁のある人と必ずゴールインするとは、限りません。

なぜなら、価値観や相性や、性格などいろんな摺り合わせが結婚に辿り着くまでには必要だからです。


15年結婚相談をしてきて、よく会員の方から交際に入った時に相談を受けるベスト5は、
〇食事の仕方
〇お金の使い方
〇家事の仕方
〇家族との関係
〇運転の仕方

交際中に押し寄せる悩みのほとんどがこれのどこかに入ってきます。

・最初の食事デートで、食事の仕方が気になりました。
・話を聞いているあまり貯金してないようで、不安です。
・ご両親お同居だから、家事できないんじゃないかな、共働きでちゃんとイクメンしてくれるかな。
・ご両親とほぼ話をしないみたいで、・・・・うちは、家族みんな仲がよいので、家族ぐるみの付き合いをちてくれるかな。
・車が好きらしく、スポーツカータイプの車なんです、でも、座りにくいし、スピード感もあって怖いんです、結婚したら、車乗り換えてくれるかな


人によって悩みはいろいろでが、
この5つのポイントを最初に押さえておくと、案外あとは、スムーズにいくようです。

見知らぬお相手と結婚するってなんだか不安もいっぱいなのかもしれませんが、
人間同士の出会いがあるから、結婚へと繋がる訳です。
怖がらず、お相手としっかり向き合うこと

そして、どことまず向き合うかのポイントを絞れば、案外婚活はスムーズにいくようです。

最後に大切なこと。
この5つのポイントをすべてクリアする必要はありません。
自分の気にしているところ、大切にしているところにだけ絞り込むことです。
5つ ⇒ 2,3くらいで  (^^♪

その絞り込みが婚活のスタートです。



資料請求
無料相談会



真剣交際のタイミング




2016年09月20日自念のコラムコメント(0)

「紹介」「お見合い」という出会いの方法で、婚活も考えてみませんか

学生時代に交際をしていた人と長い春に終止符をうって結婚するか

婚活で相手をみつけるか・・
職場での出会いがほぼ不可能になった今、結婚するための手段としての婚活


最近の婚活事情は、こんな感じです。

社内恋愛というのが、昔は、恋愛結婚の代名詞でした。
でも、社内恋愛ができなくなった現代。

恋愛結婚は、もうナンパしかなくなっています。
ラテン系でなく、警戒心が結構強い日本人気質の人達が「出会う場がない」のは、うなずけます。


以前にご紹介した
マイナビニュース記事です。




大学生たちが、「お見合い結婚あり」「なし」の統計にもでていますが、
お見合い結婚ありの割合は、おそらく10年前よりずっと増えていると思います。


今からは、「紹介」というお見合いも出会いの一つの選択肢なんだと思います。
あまり気負わず、人との出会いを考えてはどうでしょうか?





資料請求
無料相談会



とても優しく自分の事も大切にしてくれる、でも、ちょっとタイプじゃない彼・・どうしよう






2016年09月19日自念のコラムコメント(0)

交際中の二人が結婚する・できるかをどこで見極めるか

半年だけ婚活しようと決めたお相手と後悔したくないと婚活を考えた会員たちが、結婚に向けて歩き始めました。

半年だけ婚活をして、ダメなら別の生き方考えますと登録をした会員と、このままだと「結婚」「婚活」と全く縁のない人生になります。
一生そういう事と縁なく生きる人生だと、あとで、一度くらいトライしておけば良かったと後悔をしそうに思うでの・・・・


そんな二人が出会いました。
共通しているのは、「結婚」を考えて婚活をしている」「結婚相手を探しいてる」ことでした。


出会ってみると二人は共通の話題が多く、
例えば、
〇今度行ってみたい旅行先
「世界遺産に興味があって、元気なうちに行ける世界遺産は、行ってみたい」
「アンコールワットはいかれましたか?」
「行ったけど、体力いるよね、あそこ」
「でも、遺産のあるところってよく歩くし、地元の香り満載で、それがいいですよね」

〇好きな食べ物の傾向
「あまり加工されているより、素材の良さがでてる料理がいいよね。」
「あっさりしたもので、しかも、素材のうまみがでてるものに当たると嬉しい」


〇遊びに行きたいところ
「美術館もいいけど、アスレチックなんかで動き周りたいね。」


などなど、二人の共通は満載だったようです。

こんなに最初から意気投合の二人でも、その後、順調だった訳ではありrません。
考え方が違う・・・と女性が悩んだり
仕事のことに理解してもらえるかと、考えたり。

そんな山や谷あるカップルは、たくさんです。
私は、そんな二人が結婚までいくかどうかの見極めは、ただ一つ。

「きちんと向き合える二人であるかどうか」です。

これができる二人なら、少々のことは大丈夫なんです(*‘∀‘)
そう、そして、この二人もとても仲良く、成婚を決めての卒業でした。




資料請求
無料相談会



結婚相手を決める時の踏ん切り方法

資料請求
無料相談会
マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です。mcsa_160w2.jpg

2016年09月18日自念のコラムコメント(0)

幸せな結婚をするために本当に必要なことを教えてくれた会員

もう若くないんだから、割り切る」といった意味ではなく、
40歳になったら「結婚の現実」を理解し、成熟した大人の結婚観を持ったほうがいい。

そのほうがむしろ、幸せな未来をつかめるように感じます。


本来、結婚というのは、「愛する人と共に人生を歩みたい」という気持ちこそが重要です。
その愛情と信頼関係の延長に結婚があり、さらに子供が授かることがあれば、それは幸せです。

以前、
会員の方で40歳前の女性の方でしたが、お仕事も好きでコツコツと頑張り、
会社でも評価を受けて役職もこなしていました。

40歳を目前に急にこのまま仕事人生で終わることで、本当に自分は後悔がないのかな?と自分に問うたとき、
結婚をしたくない訳じゃない自分がいることも確かだと感じて、婚活を1年だけやってみようと思います。
でないと、後悔をしそうで・・・・・」と言われていました。

そんな彼女がお相手に望むことは、「自分を理解しようとしてくれる人」
私も自分なりにお相手のことをわかろうとすると思うので、相手も私のことを知ろうと努力してくれる人であってほしいと言われれいました。

彼女の婚活が、少し遠距離で週末神戸空港から日帰り旅行なみのデートをされていました。
でも、とっても幸せそうでした。

いつだったか、大喧嘩をしたと連絡がありました。
結婚の話を目前に、お相手より、
「自分にとって結婚は家族が増えること。将来的には同居もあるかもしれないことを理解してくれる人であってほしい、
そうでなければ、この結婚はない」

こんな衝撃的なことを言われてびっくりしない人はいないと彼女はいいます。
何よりもショックだったのが、結婚あるかないかと二者選択だけしかないと言ったことがショックだったと言います。

彼女は、人間はいろんなものを背負っていきてきているし、40年近く生きたらそりゃ、しんどいものも背負ってるのは当たり前だと思う。
だからこそ、二人で共に生きるためにどうすればいいのかを考えたいって言ってほしかったです。。。

結局、このお二人は、共に生きる選択を選ばれて、無事に遠距離恋愛を終結させ、
今では二人のお子様に恵まれ、阪神間にマイホームを建て共働きで元気に明るく、そして仲良く暮らしていらっしゃいます。


「共に一緒に生きていくためにどうすればよいか」そこを一緒に考えてくれる人であればそれでよい

本当に、結婚ってそうだなとつくづく感じます。

結婚というゴールばかりを頭でっかちに考えているうちは、
それを抜きにして、「結婚をするのに都合の良い相手」を求めがちです。

結婚の形ばかりを求めてしまうと、
愛情が伴わずに仮面夫婦になってしまうこともあります。

たとえ子供が生まれたとしても、「子供がいなければとっくに離婚している」というような冷めきった家庭が幸せなはずはありません。
それはある意味、表向きだけお母さん・お父さんという役割を持っただけの“家族ごっこ”になってしまいます。


本当に結婚に必要なことを、彼女は教えてくれています。


<キャリアコンサルタントの結婚相談所>
資料請求
無料相談会




交際を続かせるためには努力が必要


マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です。mcsa_160w2.jpg

2016年09月17日自念のコラムコメント(0)

「交際相手いない」男性7割、女性6割という現実

「交際相手いない」男性7割、女性6割 過去最高を更新
                                      
 15日に公表された出生動向基本調査によると、独身の男女のうち、「異性の交際相手がいない」と答えたのは
男性で69.8%(前回61.4%)、女性で59.1%(同49.5%)

いずれも前回より大きく増加し、過去最高を更新している。

「異性との交際を特に望んでいない」男性は前回の27.6%から増えて30.2%に達した。
調査は18歳以上35歳未満の独身の男女5276人を対象に実施。

 「一生結婚するつもりはない」という男性は12.0%で1割を超え、女性も8.0%で増加した。

こうした男女に「これまでいずれ結婚するつもりと思ったことがあるか」と尋ねたところ、
男性は41.4%、女性は50.7%が「ある」と答え、約半数が結婚することを諦めていた。

 性経験のない未婚者の割合は男性が42.0%、女性も44.2%に上り、いずれも前回より増えて4割を超えた。
                                         2016/9/15 23:23日本経済新聞 電子版





今、私のところ来られる年齢は30歳くらいからの人が断然多いです。

その人たちが口を揃えて言われるのが、
「そのうち、結婚できるかな」と思っていましたということ。

まさしく、そうなんだと思います。
結婚って、そのうちできるって思ってしまうものなのだと。


でも、それは「勘違い」です。

結婚をしようと思って活動をしない限り、結婚てできないものだと感じます。
だって、それはある種、とても人間臭く、邪魔くさいものだkら。

付き合っていてちょっと意見の違いや考え方の違いがあると
「ちょっと違う」「感覚が違う」からと交際をやめてしまえるもの。

気が付くと、周りには結婚相手の対象となる人が誰もいなくなっていたり・・・

結婚って、「ちょっと違う」「感覚違う」異性と二人で一緒に
その溝を埋めながら、一緒に生きていくことなのだと最近感じます。


今年、結婚30年を迎え、そう感じます。

資料請求
無料相談会
<サポートの専門家 キャリアコンサルタントの結婚相談所 人生のターニングポイントを応援>



恋愛の延長に「結婚」の現実と、結婚のための婚活の違いは?

資料請求
無料相談会
マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です。mcsa_160w2.jpg


2016年09月16日自念のコラムコメント(0)

あなたの良いところをきちんと目の前お相手に伝えていますか?

今、婚活をするツールとして
検索というものが、欠かせなくなりました。

どんな検索で探すか・・・
ついこの間までは、
「条件検索」と言われるもので、お相手を探すことがほとんどでした。

でも、今、私たち結婚相談所の検索ツールも、あまりそこに特化することなく
お相手との相性や性格分析など、科学的な分析もあるツールへと変容しています。




10年前では、私たち仲人が「経験と勘」でおこなっていたマッチングに科学的な要素をとりいれたものでお相手を選ぶことができるようになったのは、ある意味すごいことのなのかもしれません。

ただ、ここで、一つ気になるのは
「相手から自分がどう見られていたいのか」
「どんな風に感じるのか」
って視点をもつ必要があるのかもしれません。

個性の時代であるし、素のままの自分を気に入ってくれる人ってとても大切なことではありますが、
そこにはある程度、お相手の心のさざ波が立つくらいには、ヒットしないと
次につなげることができないように感じます。

それは、話す内容でもいいですし、
見た感じ、見た目印象でもいいと思います。

さわやかな印象をもってほしいと思っていたら、ブルーのネクタイ
仕事ができるって感じなら、暖色系のネクタイ
など、

優しい印象なら、薄いピンクやレモンイエローなどがお薦めです。

案外目からはいる印象ってとっても大切なのです。

「見た目99%で決まる」という本があったくらいです。
ぜひ、意識してみてください。

~~~~~アン通信~~~~~~

『白色の洋服、清潔感もありますが、、相手に緊張感を与えることもあるのです!』



みなさまは、お見合いの席やデートなどで白色の洋服を着られることは多いですか??


私は白も大好きです!!!
白色の洋服は、他の色とも合わせやすいのでとても便利ですよね!
なんと言っても清潔感があります!


でも、少し注意も必要なのです。


白の中でも特に純白は、人に冷たさや緊張感を与えることがあります。
婚活中は緊張する場面が多いので、それ以上に緊張するのは避けたいもの。


また、白衣高血圧症という、白を見ると緊張する病気もあります。
病院というシチュエーションで白衣を着た人が現れると、病気や注射などの不安を感じて過度に緊張し血圧を上昇させてしまうものです。


上記のようなこともあるので、初デートの場面で白色の洋服を着られる場合は、オフホワイトやアイボリーにされると安心です。


ただ、パーソナルカラーで冬のシーズンの方は、純白がとても似合われます。
冬の方の場合は、純白の面積が小さいもの(例えばエリだけが純白のものなど)を選ばれるとよいでしょう。



【参考文献】人生が豊かになる色彩心理(監修 宮田久美子/ナツメ社)
【参考文献】「色彩と心理」のおもしろ雑学(ポーポー・ポロダクション/大和書房)
                                     BY アン

資料請求
無料相談会
<サポートの専門家 キャリアコンサルタントの結婚相談所 人生のターニングポイントを応援>



とても優しく自分の事も大切にしてくれる、でも、ちょっとタイプじゃない彼・・どうしよう

資料請求
無料相談会
マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です。mcsa_160w2.jpg



2016年09月14日自念のコラムアン通信 コメント(0)

彼女の転機で交際が終わる現代・・・そして

とても爽やかで端正なお顔立ちの医療系資格をお持ちの男性28歳が、無料相談会に。

街を歩いてすれ違うと、彼女がいることを疑わないほどの素敵な男性です。
その彼が、来られて開口一番・・・
「実は、10年交際していた彼女と別れまして・・・・」とのこと。

なんと、(+o+)
理由は、彼女の転勤です。

今の時代、そういうことが、まるでドラマのようなことが起きるのだ!とつくづく感じた瞬間です。


ここからは、私のあくまでもストーリですが、(^^;
転勤断れば、きっと彼女lの会社でのステップアップに影響がでるのかもしれません。
遠距離恋愛を双方が納得できるかといえば、忙しいサラリーマン。
なかなかそうもいきません。

そうなると、別れを選んでもこれは、仕方ないのかな。。。とも感じました。

彼は、大学時代からその彼女と交際をしていたとのことで、
ここで、新たなる彼女をなった時に
どうしたものか・・・ということで、親御さんの薦めもあってうちに来られました。


人生は、ストーリーのないドラマとよくいいますが、私は本当にその通りだと思います。


この婚活をしていていると日々、ドラマのようにいろいろなことが起きます。
そして、振り返るとその一つ一つが個々の人生を彩っているのだと感じる時がきます。

会員の方の人生のほんのひと時ですが、私もそのドラマの中で共に考え、共に悩む出演者です。

この婚活時間がその人にとって有意義であり、幸せをつかむ時間であるよう願いつつ、サポートをしています。


資料請求
無料相談会
<サポートの専門家 キャリアコンサルタントの結婚相談所 人生のターニングポイントを応援>



最初のお見合いで出会った人と決める結婚

資料請求
無料相談会
マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です。mcsa_160w2.jpg

2016年09月12日自念のコラムコメント(0)

素敵なお相手に巡り合うためのちょっとしたコツ

なかなか良いお相手に巡り会えない・・・・・・と言われている人、素敵な人に巡り会うちょっとしたコツは、

「自分と共通した何かを持っている人を探すこと」
〇趣味
〇出身地
〇住んでいる場所

いろいろありますが、
私のお薦めは「出身学校」が同じ人。



これは、お薦めです。

最近うちの事務所からも同じ出身校だったので、
話が最初から合って、とても楽しい時間を過ごせました!
びっくりしたのですが、出身校が同じだったんです!

なんてお話をよく聞きます。

そして、それが縁で交際に入り、そのまま結婚へと繋がっているご縁がたくさんあります。

えー・・・・そんなことで・・・・って思われるかもしれませんが、
この「同じ」⇒知っている安心感⇒最初から距離感が近くなる⇒交際へ

このような心理が動きます。
特に、女性にとって婚活の中で重要と言える「安心感」がこのように早々に芽生えるお相手は早々いません。

これは、ラッキーと思って積極的になるのは、ご縁を掴む一つのコツです。

先日も、気が付くと粛々と交際を進めている会員がいました。
どうなのかな?って伺ってみると、
今までになく良い感じ。
先方の相談所にも確認すると、お相手も◎

これからは、結婚へ向けてのアプローチへと進んでいく二人。
この二人も出身校が同じ。
最初からなんとなく、気が合うのです・・・といっていた会員の言葉を思い出しました。



資料請求
無料相談会
<サポートの専門家 キャリアコンサルタントの結婚相談所 人生のターニングポイントを応援>



婚活がうまくいった人とうまくいかない人との違いって何?

資料請求
無料相談会
マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です。mcsa_160w2.jpg

2016年09月11日自念のコラムコメント(0)

決断できない人をじっと待っているほど、婚活に時間はかけられない

婚活をしていて、いつもうまくいくとは限らない。

もう少しで真剣交際に進展かな・・・と思っていても、
状況を確認すると、
「実は・・・・」というお話がでてくる。

内容は多岐にわたりますが、
その中でよくあるのは、

「あれから、あまり出会えてなくて・・・・」というお話です。

何故出会えていないか、ということを話の中から紐解いていくと、
どうも「踏み切れない」というものが多いよう感じます。

「結婚をしたい」と思って活動をする訳ですが、
良いお年頃なのですから、その「婚活」の枠に縛られなくても
結婚ってことは、交際が継続してくると頭にちらつきます。

その時に、それぞれが迫られることが「決断」です。
そう、人生には多くの決断を強いられますが、
この結婚についても、決断が必要です。

この人と結婚するという決断もさることながら、
自分で「自分は結婚する」という決断が絶対的に必要です。


「どんなものかあまりわからないし、まずは、相談所に行ってみて・・・」からのスタートする方が大半ですから、
結婚相談所への興味の方が先になりまして、
ご自身の結婚への決断はどうしても、後回しです。

結果、目の前の良いご縁談がきているのに決められない

こんなことが起きてしまします。


私は、そんな時、一度は猶予をもって再トライするようお薦めします。
もし、お相手が決められないなら、時間をもう少し持つ。
会員自身が決められないのなら、何故決められないのか、なにが不安なのかを一緒に探ります。

どちらにしろ、お相手のあること。

余りお待たせするのは、お相手の時間を奪くことにもつながります。

自分やあるいは、お相手が決められないのなら、潔くそのご縁を手放す。
こんな決断も婚活には必要かもしれません。



・交際半年を過ぎても、両親への紹介をしてくれない
・結婚の話をズルズルと引き延ばす
・結婚をイメージすると不安になって、話を進められない

いろんな問題があって、決められないのかもしれません。

婚活を仕切り直しや出直しで、良いご縁を見つけて早々に寿退会をしていく会員を、私は、たくさん見送ってきました。

人生の不思議を感じるときです。
時間が全ての人に平等に与えられているものだから、大切にしたいですね。

資料請求
無料相談会
<サポートの専門家 キャリアコンサルタントの結婚相談所 人生のターニングポイントを応援>



婚活での出会い。決められないお相手であれば、早いうちお断りを。

資料請求
無料相談会
マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です。mcsa_160w2.jpg






2016年09月10日自念のコラムコメント(0)

婚活は、後悔をしない人生の選択の第一歩

私は長年結婚相談所をしていてよく感じるのは、
40歳代の婚活は、それまでとは違うってことではないでしょうか。


40歳代は、30年前と比べれば、ずっとずっと若く綺麗で元気です。
人によっては、30歳代の方と違わない人もたくさんいます。

しかし、その勢いで婚活に入ってしまうと、とんでもない凹みに入ってしまいます。
この婚活システムが年齢で区切れるようになっているおど、システマチックになっているからです。

見た感じが若いとか、今まで元気でマラソンしてきたとか、仕事をバリバリ現役でこなしていて夜遅く帰宅しその後、通常出勤も苦でなくこなせる現状を、このシステムはものの見事に無視をするというか、そこに視点をあててくれないのです。


ある40歳を過ぎたばかりの女性が、無料相談会に訪れた時に、
私は、今の仕事がとても好きでそれに没頭をしてきました。
35歳を過ぎてそろそr結婚も考えないとな・・・って思っている中で仕事関係で出会った人が気になるようになりました。
とはいえ、仕事関係の人ですから、
早々に告白やら、ましてや「結婚」の話など全くできず、その人が結婚しているかどうかをしるのに、2年かかったくらいです。

そうこうしているうちに、未婚ではあるけどそんなに結婚を今すぐしたいタイプじゃないことぐらいが、年に数回の食事会で判明しました。
私も、そんなに結婚を焦っている訳?ではないので、まあいいか・・・と気長な気持ちに40歳前はなれたので、交際しているやら、していないやら中途半端な気持ちで、交際をいえないような交際を続けていました。
でも、「好きな気持ち」だけはあって、それはそれなりに募っていたように感じます。

でも、さすがに自分の40歳の声を聞いたときに、本当にこのままでいいのかな・・・って気持ちになって。
結婚相談所で話だけ聞いてみようということで来ました。


こんなお話をしてくださいました。

女性にとって、大切な30歳代後半、仕事もおもしろくなってくるし、でも、子供の出産年齢を考えるとぎりぎり。


私は、40歳代からの婚活も大いに応援をしたいと思います。
結婚も、子供もあきらめる必要などはないと思います。


でも、唯一30歳代と違うのは、
「絶対」ってことばをその前につけない方がよいってことではないでしょうか。



40歳代でばりばり仕事をして、自分で自分の暮らしを支えていくことができるのに、
何かを我慢して、結婚をする必要はないと思います。
子供も絶対にほしいという人のところへ嫁にいくほど、つらいものはないと思います。
年齢や女性の体を理解してくれる人と結婚をすれば、幸せになれます。

40歳代になって婚活をして、後悔をしない選択をするということ。
これが大切なのだと思います。

結婚って本当にご縁とタイミングです。

だれが作ることも提案することもできないものです。

だからこそ、今のこの時間、結婚を考えたら「婚活をする」選択もあるってこと。
そして、
それをするかしないかの選択をきちんとすることが大切なのではないでしょうか


「今、婚活しhないと、のちのち後悔しそう」
前述した40歳代の女性の方は、そういわれて、婚活する選択をされました。

良い人がいるかどうかはやってみないとわからないし、
結婚を今したいと思っているので、
こんな私でいいよっていう人がもし現れたなら、それは、縁があるのかなと思えるような気がします。


婚活は本当に難しい活動です。
活動の仕方に正解がある訳ではありません。

どんなお相手を巡り会いたいかはとても大切ですが、
それ以上に
どんな風に活動したいか、
それは、どんな将来を送りたいかに続く大切なその人の人生に関わると私は思っています。




資料請求
無料相談会



多くの婚活会員がいるからこそ・・・惑う

資料請求
無料相談会
マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です。mcsa_160w2.jpg





2016年09月09日自念のコラムコメント(0)

お見合の場で今までの婚活苦労話をまさか、・・・話したりしてます?

よく聞かれるのは、
お見合の場で今までに出会った人達のお話をされて、あなたはどうでしたか?
なんて聞かれることがあるのですが・・・(+o+)
どうしたらいいですか?

こんな相談を会員から受けます。

お見合の場で今までの婚活苦労話をひょとして、・・・話したりしてますか?

ひょっとして何も話題がみつからないからといって、こんな話をしているようなら、NGです。
今から、ストップするのが賢明です。

お見合や婚活での、苦労話なんて、婚活をしている人達はみんな持っています。
でも、それをひとつ一つ紐解いていっても、自身の婚活にプラスに働くことは全くありません。

婚活の会話の話題を考える時に、
今まで経験談を聞いて、もし、真剣に「あ、自分もそうでした!」
なんて迂闊に答えてしまったら、そこからは、男女の関係ではなく、
婚活している同士の会話になってしまいます。

よくパーティーで女性同士で仲良くなってしまうアレです。


友達を見つけてにいっているのであれば、それもOKでしょうが、
婚活の場は少し違います。

友人からの発展もありですが、
それでも、やはり異性を意識して出会うのが婚活です。
だからこそ、
写真撮影に行き、
お見合となれば、男性はどんなにネクタイをされてこられますし、
女性はやはり女性らしい服装でこられます。

そう考えると、同士でする話を婚活のしかも最初の出会いの場でしてはダメダメです。

私は、思いますが、たとえ・・・です、
次はないな・・・って例えば感じたとしても、
やはり同士の話は、お相手に失礼だと思います。

そう考えると、
60分の短い時間ではありますが、
それぞれの人生劇場として、大いに楽しく過ごすことに集中する方がずっと健康的で婚活らしいと感じます。

ぜひ、この60分を有意義なものにするために、
真摯に前向きに出会ってみてください。

これを繰り返すうちに、
きっときっと素敵な出会いがあるはずです。

必要なものは、
女性は、どんな時も笑顔で
男性は、いつも爽やかに

これで「幸運を引き寄せこと」OKなのだと思います。


資料請求
無料相談会>




こんな思い違いでご縁を逃すのは、すごく「もったいない

資料請求
無料相談会
マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です。mcsa_160w2.jpg




2016年09月05日自念のコラムコメント(0)

大学生の半分以上が「お見合い結婚」ありという現実

お見合いによる出会いへの期待値はどんどん上がっているようです。



マイナビ学生の窓口が、大学生男女405人に「お見合い結婚」についてのアンケートを取りました。




6割の学生が「お見合い結婚あり」という結果になっています。

お見合い結婚ありの声の中で
「一時的な恋愛でなく、一生のつながりが生まれるので」というものがあります。
そういう関係をお見合いという出会いの中で育てていくものだということを、感じていることに少しびっくりもしましたが、
もともとお見合い文化のあった日本人ですから、そのDNAはあるのかもしれないとも感じます。

結婚するなら恋愛結婚が当たり前なんてことを考えていたのも、一つの文化でしょうが、
その文化はひょっとすると、長い日本文化の歴史をたどると、一種の流行であったのかもしれません。
お見合いが主流で、恋愛という欧米では当たり前の恋愛文化に触れ、それが急激な波となって押し寄せてバブル時期から、お見合いは激減しました。

でも、今、経済も成熟期にはいってきた日本のこの空気は、
また、新しい出会いの形の「お見合い」というもので、出会っていくことに抵抗がなくなっているのかもしれません。

一つ言えるのは、
昔のお見合いとは、違いがあるということ。

それは、昔のように親が見つけてくる「お見合い相手」ではなく、
自分自身で見つける「お見合い相手」であるということ。


だからこそ、私たち結婚相談所も会員の方と一緒に探したり、悩んだりするのだと思います。

資料請求
無料相談会





婚活での出会い。決められないお相手であれば、早いうちお断りを。

資料請求
無料相談会
マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です。mcsa_160w2.jpg

2016年09月04日自念のコラムコメント(0)

最近、交際中の男女も電話をしなくなりました。じゃ、どうして距離を縮めていきますか?

交際中の会員の方のお話しを聞いていると、お相手とのやりとりは、lineやメールがほとんど。
電話をして時間を共有することがないようです。

じゃ、どうして、距離を近づけたりするかしら・・・と
昭和の時代に恋愛をしてきたものとしては、とても不思議なところ。

でもそういう時代なのかもって思っています。

さて、そんな中でいかに自分らしさを出しながら、自分の思いを伝えたりわかってもらったりすればよいのか。

line、メールで単語の羅列では、わかってもらうところは、おそらく難しいでしょう。
そこは、一工夫が必要なところ。

手紙練習帳への美人で、ずっとコラムを書いているまどかさんより素敵なメッセージが届いていますので、
また、参考に。

交際にはいったら、次は、距離感を近くしてきちんと向き合うことができるかどうかを確かめないと結婚へのプロセスを歩くことができません。
そのために、必要なことは何・・・・・?
そんな風な視点をもってみても良いかもしれません。


~まどまど通信~

大和言葉は心にしみます

大和言葉をご存じでしょうか。
日本固有の言葉のことです。

手紙の書き方講座では、大和言葉を取り入れてほしいとご要望をいただくほどです。
最近よく耳にする”おもたせ”これも大和言葉です。

メールやメッセージを送るときも大和言葉を使うと、優しい印象になります。
「待っています」よりも「心待ちにしています」の方が、言われた相手は嬉しく感じられるもの。
返事が欲しいときも「時間があれば、暇があれば」を「お手すきの時に」と変えるだけです。

言葉ひとつでさりげなく気遣いが表現できます。

あなたの印象を上品に変えて、ご縁を近づけてみましょう。
                            BYまどか


資料請求
無料相談会





真剣交際のタイミング

資料請求
無料相談会
マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です。mcsa_160w2.jpg


2016年09月03日自念のコラムコメント(0)

お見合いの場で男性が気にしている・・・こんなところ

先日、男性の会員より、

お見合いのあと、ちょっとした心遣いが嬉しいですというお話しがありました。



お見合いが終わって、席を立ち会計をした後に、
「ごちそうさまでした」と、言ってもらうとちょっと気持ち和らぐんですよ。
お茶代を負担するのは男性側とわかっているので、当然に支払いをするのですが、
お相手によっては、「当然」みたいな態度の人もいて。

そうなると心が荒む感じです・・・・わかりますか?


こんなお話しでした。

私は、「荒む気持ちわかりますか?」というところに反応をした方がよかったのかもしれませんが、
「ごちそうさまでした」と言わない人がいるのかな・・・
というところに同性の女性としてちょっとびっくりをしてしまいました。

そういう意味では、
男性が支払いルールになっていれば、当然ではあるのですが、そこは、やはり気遣いなのかもしれません。

これは、交際に入った時も同じかもしれませんね。

割り勘であれば、よいのかもしれません(最近は割り勘文化なので)が、
ごちそうになったのであれば、お礼をいうのは当然ですが、次回そんなにかさばらないちょっとした手土産をもっていく方がよいのかもしれませんね。

そんな風に考えてみると、そこには一人の女性としてのお相手への思いやりや気遣いがあれば、
男性側にも、その女性の人となりを態度で伝えることができるのかもしれないなって、ふと感じてしまいました。

自分らしさをどこで出していくかは人それぞれですが、
まずは、女性らしさは婚活では必ず必要です。

そこは肝に銘じて、頑張ってほしいなって思います。




資料請求
無料相談会





とても優しく自分の事も大切にしてくれる、でも、ちょっとタイプじゃない彼・・どうしよう

資料請求
無料相談会
マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です。mcsa_160w2.jpg




2016年09月02日自念のコラムコメント(0)

お見合いして3か月で決まるってこういう事です

「お忙しくされていることと思います
速いもので、三年目に入りました。
6月15日に三ノ宮でお見合い、7月7日に婚約(指輪を発注)、8月7日(指輪到着)に結婚
速いスピードで進みましたが、
ものすごく楽しく 暮らしています。」




お元気かな?って思っていた会員から偶然にも、メールがやってきました。

彼女は、うちで4年程度活動をしました。
最初は婚活の訳が分からず、お見合を重ね交際に入るも2,3回の交際で終了。

その後、交際にはいる方を「先方がOKなら再度出会ってみる作戦」に切り替えました。
というのも、どこがどうかよくわからないのに、
自分の思い込みで判断するのもよくないし、それでご縁を逃しているような気がしてきました。
どうも、男性の見る目に自信がなくて・・・・と、少し照れながら、言われたのがとても印象的でした。

その後、本当に紆余曲折ありましたが、きっとその作戦が功を奏したのだと思います。

出会ってから、3か月程度でとんとん拍子に結婚をしていかれました。

今でもこんなお似合いのご夫婦がいるのかしら?って思うくらいに
二人ならんで事務所に挨拶に来て下さった時のことを思い出します。

実はこのラブラブぶりですが、すでに結婚されて2年は経過されています。

出会いがお見合でも、こんなに仲良く幸せなご夫婦になれるってことに、私も妙な自信が出てきます。


今、ひょとして紆余曲折があるかもしれませんが、その向こう側に
ご自身の幸せな家庭生活があるのではないでしょうか。

そんな「夢」を持ちつつ
それを現実にするために、結婚相談所はあるのだと思います。

夢を夢で終わらせず、
夢を具体化することで現実になります。

そこに、理想の相手とは少し違う人が待っているかもしれません。
でも、私はいつも感じます。

理想通りが大切なのではなく、現実の今を幸せと感じる自分がいるのことの方がずっとずっと大切です。

そこを勘違いせずに、前に進んでいってほしいと思います。
嬉しいお便りは、私にも元気をくれます。

9月がスタートしました。
会員の方の素敵なクリスマスに向けて、頑張ってサポートしていきます。(^^♪



資料請求
無料相談会





こんな思い違いでご縁を逃すのは、すごく「もったいない」

資料請求
無料相談会
マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です。mcsa_160w2.jpg







2016年09月01日自念のコラム会員の声コメント(0)

婚活の場って〇か×を判断の連続。これをうまく乗り切って結婚する人と休む人の違いは?

婚活の場でNGをどう受け止めるかは、とても大切なことだと思っています。

普通に生活をしていて、NGと言われることってそうそうあるものではありません。
しかし、婚活の世界だけは、OKかNGを明確にしていかないと、次のステップに進めないところがあります。そのため、NGはかなり明確に自分にフィードバックされてきます。

今の社会で、NGを受けることはほぼないのは、OKでもなくけどNGするほどでもない・・・・だから、そのまま・・・自然となんとなく・・
そう、ご縁が切れるように、意識から薄れていく状況がほとんどです。

婚活は、お見合を申込みをしてお返事が〇か×
お見合をして、次のステップに進んでみようかとどうかを考えて〇か×
交際をして、結婚前提の真剣交際にしようかどうかで〇か×
プロポーズをしようか あるいは、プロポーズを受けようかで〇か×


こんな風に〇か×を関所?関所で、答えを出して進んでいくのが、結婚までのステップになります。

これは、婚活の場だけには限りません。
「結婚をする」「結婚を決める」ってこんなに、自分の中で判断を要するポイントであるってことです。

決断するとか判断するとかは、かなりの集中力を要するもので、人間の脳はこれにより疲れると言われています。

婚活をして、疲れて休憩を長らくしていましたと聞くことがあると思います。それは、おそらく、この決断するとか、判断することに疲れてしまったということなのだと思います。



では、なぜ、この決断の連続をうまく乗り切って結婚相手を見つける人と途中で休んでしまう人とに分かれるのか・・・・

それは、おそらく婚活への「集中力の使い方」とNGとなった時の「気持ちの切りかえ方」とにあるように思います。

早くに成婚へと歩んでいかれる人は、スタートダッシュはすごい早くて、とにかくお見合を始めるまでの期間が入会してから早いです。
そして、何人かの人と出会っていかれますが、一人の人に決めるまでも、早いです。
ここで大切にされていることは、自分の気持ちも大切ですが、お相手も自分のことを気に入ってくれているようなので、あるいは、とても誠意を感じる人なのでというお相手の良さや気持ちを客観的に受け止めてられていることです。
決して、自分の気持ちだけで推し進めない柔軟性があります。
柔軟性に近いように感じますが、当然ですが、お見合をしたすべて人からOKのお返事をもらうことは不可能です。そして、それを目的にするのも意味のないことです。
お見合の目的は、結婚相手を見つけるために一つのプロセスです。必要なのは、双方が再度会ってみたいと思えるかどうかです。
自分だけが片方想いの人は、婚活の場では、「片思いの人」で終わる人です。
婚活の場であるから、その場で〇か×かわかるだけです。

だとすれば、お見合の場で×やNGがくることにそんなに意味を持つ必要は私はないと思っています。
気が合わない、ご縁がない人とは、持ちを切りかえて次に進んでOKです。



ただ、交際途中で、自分はその気だったのに、交際終了となった場合は、ご縁がなかったと片づける前に
少しだけ振り返りは必要です。
どこでボタンの掛け違いがあったかと、精査しておく必要があります。
そして、この精査が次にやってくる交際を結婚へ結びつける大きなヒントとなってきます。

結婚相談所では、お見合のNGに理由をそんなに問いません。でも、交際終了となると、やはりそこは、事務所同士でも情報交換をするのが通常です。
実は成婚が早い人はこの切りかえがとても上手です。

婚活ですごい失恋をした後にすぐにお相手を見つけて結婚して、幸せな家庭生活を送っている会員を多く見て来ました。
入会2か月でお相手を見つけて結婚を決めていく会員の集中力にびっくりすることがあります。でも、毎年の年賀状での報告に、その選択に間違いはなかったねと自分の中でつぶやきます。

婚活に行き詰ったなって感じたら、自分の中の集中力と切りかえの柔軟性について少し振り返ると、新しい出会いが待っている予感がします。





2016年08月31日自念のコラムコメント(0)